次世代HOUSEミュージッククリエイターHOLLY』初のアルバム『D.I.M.E.N.S.I.O.N.』リリース!!
DJ KO KIMURA プロデュース!
現在注目される若手アーティスト達とのオリジナルコラボ曲リミックスを収録
次世代のクラブを牽引するであろうアーティストシーンの行方を知ることのできる貴重作品

iTunes、Amazon 他ダウンロードサイトおよび
各サブスクリプションサイトなどでも配信を開始しました
円盤はこちらから→ https://booth.pm/ja/items/1075831

【アルバム紹介】

初のアルバムとなる今作は、HOUSEクリエイターであり渋谷『Dimension』のマネージャーでもある彼の二面性が色濃く反映された作品となっている。DJ Barを擬似舞台と設定し「House」を主軸として様々な音楽ジャンルを表現。あえてなかなか交わる事が少ないジャンル同士のアーティストを招集し、一枚のアルバムにダンスパーティを表現している。

コラボ相手との様々なジャンルの楽曲により構成されてはいるが、全体を通して聞くとHOLLYサウンドともいうべき彼の音楽性を感じ取ることができる。決してバラバラにはならず一貫して作品を聞くことができるのは、マネージャーとして培った経験と人脈をもつ彼ならではの表現に寄るところが大きい。また現在の日本のクラブシーンはアンダーグラウンドで小さいながらも活発化している状況が諸処に見受けられ、それは90年代、00年代のクラブシーンが席巻した前夜の状況に似ているように思われる。ここに参加した若手アーティスト達のような存在が近い将来のクラブシーンを担っていくことになるであろう。

【収録曲】

  1. Step By Step (& Musicarus)    
  2. Tsunami (& ゴエモンインパクト)
  3. Lagu (& totsumal) 
  4. Mana (& KNKwalks) 
  5. Level (& Ueno)    
  6. Polaris (& maco)
  7. Polaris – MODEWARP Remix 
  8. Step By Step – DJ TAROT Remix
  9. Tsunami – gu^2 Remix –


【プロフィール】

 HOLLY

2008年に楽曲制作を開始。2011年「music note」名義でのオリジナル楽曲「em」がHISA ISHIOKA氏の目にとまり、NYの老舗レーベルKing Street Soundsからリリースされる。また、2015年、2018年5月にリリースされた同レーベルの人気コンピレーションシリーズ「Tokyo Calling」にも計3曲が2作連続で収録されている。国内では、AVEX社主催「a-nation ’11」楽曲提供、小泉今日子「Koizumi Chansonnier」リミックス参加、松井寛プロデュース作品sober「FEEL」へのリミックスでの参加など。2017年より御中レコードより「HOLLY from music note RHYTHM TOOLS」をシリーズで発表し続けている。また今回のアルバムタイトルにもなった東京都渋谷区円山町にあるDJ Bar『Dimension』のマネージャーを勤めている。